rol101c.jpeg rol101c.jpeg
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
スティーヴ・マリオットさんの「HONKY TONK WOMEN」
1970年代にNHKテレビジョンで、「ヤング・ミュージック・ショー」という外国のロック・バンドのライブをオンエアーしていた番組があったのですが、当時は「ロッド・スチュワート」「シカゴ」「エマーソン・レイク&パーマー」のようなメジャーなアーティストばかり放送されていて、なかなかハンブル・パイのスティーヴ・マリオットさんのような「超」がつかない人気アーティスのライブは放送してくれなかったものですが、こうやってYouTubeで当時のライブ映像が見られるとは良い時代になったものです。私はロバート・プラントよりこのスティーヴ・マリオットさんや「トラフィック」のスティービー・ウィンウッドさんのハイノート・ヴォイスのほうが好きでした。
これは、60年代はスモール・フェイセズ、70年代にハンブル・パイを率いて一世を風靡したスティーヴ・マリオットさんの雄姿です。我々のバンドの「HONKY TONK WOMEN」とはだいぶ違いますね~。

HUMBLE PIE - HONKY TONK WOMEN - 1973


ROUGH & READY - HONKY TONK WOMEN - 2012

演奏するパートがない場合は、カウベルでも鍋の蓋でもなんでも叩いちゃいます。

スポンサーサイト
2012-01-31 Tue 21:31
別窓 | ROUGH AND READY | コメント:0 | トラックバック:0
| Abalone Supreme Blog | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。