rol101c.jpeg rol101c.jpeg
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
グラミー賞テクニカル賞授賞式 - ローランドの創始者、梯郁太郎氏
以前 こちらのブログ でも書いたことがある、音楽機器メーカー、ローランドの創始者、梯(かけはし)郁太郎氏のグラミー賞の【テクニカル賞】受賞式が9日、ロサンゼルスで行われ、「梯郁太郎氏の息子さんの梯郁夫氏が式には出席した」という記事が地元新聞の今朝刊に掲載されていました。


P1070188.jpg

スポンサーサイト
2013-02-12 Tue 12:30
別窓 | 鍵盤楽器 & MIDI音源 | コメント:0 | トラックバック:0
ローランドの創業者梯郁太郎氏 - グラミー賞
この人、いつかは何か大きな賞を受賞すると思っていましたが、音楽機器メーカー、ローランドの創始者、梯(かけはし)郁太郎氏。

昨年暮、米音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞のうち、音楽産業に技術面で貢献した企業や個人をたたえる2013年の【テクニカル賞】にローランドの創業者梯郁太郎氏が選ばれました。日本ではソニー、ヤマハに続き3番目、個人としては初の受賞。

電子楽器の演奏情報をデジタル伝送する国際標準規格「MIDI」を米国人のデイブ・スミスさん(元シーケンシャル・サーキット社長)とともに1983年に制定したことが評価された。

pub_main1.jpg


数年前に、政府系金融機関「商工中金」の機関誌「商工ジャーナル」に複数回にわたって、このローランドの梯郁太郎さんが取り上げられていて、非常に興味深くその記事を読ませてもらったことがある。
その記事によると、この梯郁太郎さん「家庭のピアノを電子ピアノに変えてみせる」と昔から言っていたらしい。日本のような狭い家屋事情と、隣近所への騒音問題を考えると電子ピアノが従来型のピアノに取ってかわるには、時間があまり掛からなかったのは容易に想像できます。それに加えドラムの電子化。ローランドの電子ドラム「V-DRUM」は、現在大人気だ。

梯郁太郎さん、何がすごいかと言いますと、「MIDI」という規格をローランド固有の規格にとどめず、世界の音響機器メーカー、電子楽器機器メーカーに解放したことだと思います。


私が初めて「MIDI」に興奮させられたのは、FIFAワールドカップ・アメリカ大会が開催された1994年。ロサンゼルスのハービー・ハンコックと東京の向井谷(カシオペア)が、お互いMIDIファイルにワンパートずつ演奏を加えて、そのファイルをインターネットで送受信して、また同じ作業を交互に繰り返すというのをテレビで生中継していたのを見た時でした。
当然ハービー・ハンコックも向井谷も再生環境を同じものにしてファイルをやりとりしていたのですが。それ以来私も「MIDI」の虜になったのですが。

2013-01-12 Sat 08:34
別窓 | 鍵盤楽器 & MIDI音源 | コメント:0 | トラックバック:0
NANA$\ - Arranged by Abalone Supreme
昔作ったMIDIファイルをMP3にしてYouTubeにアップしてみました。「ナナシー」と言ってもわかる人は、たぶん殆んどいないでしょう。

Arranged & MIDI Sequenced by Abalone Supreme 2001
MIDI Sequence Soft : Recording Session
MIDI Sound Module : Roland Sound Canvas SC-88pro
Recorder : KORG D16

NANA$Y - Arranged by Abalone Supreme


2012-06-17 Sun 18:48
別窓 | 鍵盤楽器 & MIDI音源 | コメント:0 | トラックバック:0
懐かしのStevie Winwood
一番好きなオルガン・プレーヤーは?と聞かれれば、即座に「スティーヴィー・ウィンウッド」という答えになると思いますが、1960年代~70年代、スペンサー・デービス・グループ → トラフィックとスーパーグループを歩んできたスティーヴィー。スペンサー・デービス・グループに参加した時の彼の年齢は、18歳位と思われます。

Stevie Winwood - Gimme Some Lovin'


Spencer Davis Group - Gimme Some Lovin'


2012-05-03 Thu 17:23
別窓 | 鍵盤楽器 & MIDI音源 | コメント:0 | トラックバック:0
YouTube動画まもなく2,000回再生間近
特別 KORG の宣伝をしようというわけではないのですが、昨年9月の末に購入した KORGの電子ピアノ SP-250BK を息子に試しに弾いてもらった動画がこれ。昨日、日ハムの稲葉が2000本安打達成しましたが、YouTubeの私のチャンネル「abalone96channel」の一番再生回数の多いのがこの動画で、かれこれ再生回数が2,000回に達しようとしています。結構この動画に寄せられるコメントも多く、これからこの機種の購入を考えている人からのコメントや質問かと思われます。ハッキリ言って、この機種のコストパフォーマンスはかなり高いと思われます。この機種を一度弾いたら、たぶん同価格帯の他メーカーの電子ピアノ(YAMAHA P-95とかCASIO PX-330とか)を買う人は、少なくなるのではないかと思われるくらい、鍵盤のタッチも良いし、内蔵スピーカーの音もGOOD。
この動画中、弾いている曲は、作曲家「光田康典さん」の「ゼノギアス ゼノサーガ」というゲームのサントラ盤の中に入っている「温もり」という曲とのことですが、私はこのゲームを一度もしたことはないし、サントラも聴いたこともない。光田康典さんという人は、「クロノ・クロス」や「クロノ・トリガー」の音楽を担当したことは有名です。


動画中、ガサガサ音がしているのは、愛犬トーマスが動く音です。

2012-04-29 Sun 22:09
別窓 | 鍵盤楽器 & MIDI音源 | コメント:0 | トラックバック:0
| Abalone Supreme Blog | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。