rol101c.jpeg rol101c.jpeg
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
川口千里 - SPANISH PIRATES (山本恭司 Cover)
私は未だに1970年代の曲ばかり聴いていて、今日もエルトン・ジョンの「グッバイ・イエロー・ブリックロード」のコードをコピーしていたのですが、そのコピーをしている最中にバンドでベースを弾いている「Blue Stageさん」が、我が家にやって来ました。

「Blue Stageさん」は、結構新しめの音楽や最近のミュージシャンのCDを聴いていて、先日は16才のドラマー「川口千里さん」の今年1月にリリースされたCD「A LA MODE」の音源をCD-Rにコピーして持って来てくれた。で今日はその「川口千里さんのCD良かったよ。」という話をしたのですが、どちらかというとこの「川口千里さん」、フュージョンぽい曲が多かったのですが、そんな中、8曲目に入っていた曲は一際異彩を放っていた。曲名は、「山本恭司」の「SPANISH PIRATES」。CDでは、「山本恭司」がギターを弾いているのだと思いますが(なにしろCDからコピーした音源なので、クレジットがなくて判らないのです。)、YouTubeで「山本恭司」と「川口千里さん」が演奏している「SPANISH PIRATES」を探してみたのですがこれが見つからず、仕方なしに川口さんがまだ14才の頃のセッションの「SPANISH PIRATES」を見て楽しみました。

いつも思うのですが、世の中凄い人がいるんですね。


川口千里 - SPANISH PIRATES


スポンサーサイト
2013-03-24 Sun 19:17
別窓 | すごいプレーヤー | コメント:5 | トラックバック:0
Spencer Davis Group - Gimme Some Lovin
世の中には凄いシンガーがいるものだ-第3弾。これは、1967年のスペンサー・デービス・グループのライブです。ボーカルとオルガンのスティービー・ウィンウッドは、1948年5月生まれということなので、彼がまだ20歳に満たない時のライブですが、このころから凄かったんですね。目を閉じて聴いたら、とても20歳前の白人が歌っているとは思えません。脱帽です。




2011-10-06 Thu 20:10
別窓 | すごいプレーヤー | コメント:0 | トラックバック:0
本田美奈子 & 中川晃教 - A Whole New World
世の中には凄いシンガーがいるものだ-第2弾。これは圧巻です。レジーナ・ベルとピーボ・ブライソンのグラミー・ソング「 A Whole New World」を本田美奈子 & 中川晃教が歌ったものですが、本田美奈子さんがこんなに上手いシンガーということは知りませんでした。デヴィッド・フォスターあたりが彼女をプロデュースしていれば、もしかしたらアメリカでも成功を収められたかもしれませんね。若くして亡くなられたそうで残念です。それに中川晃教さんは、マイケル・ジャクソンにソックリです。詩もカッコよいです。「A New Fantastic Point of View」。




2011-10-03 Mon 21:43
別窓 | すごいプレーヤー | コメント:0 | トラックバック:0
スルー・ザ・ファイヤー
世の中には凄いシンガーがいるものだ-第1弾。アメリカの凄さを感じる一曲です。チャカ・カーンが歌って大ヒットしたデビッド・フォスターの名曲「スルー・ザ・ファイヤー」をシアトル在住のインドネシア人のキーボーディストをバックに無名の女性シンガーが歌っているのですが、お二人ともにプロではないようです。この女性の方、シアトルのコーヒーショップで仕事しているとのことですが、こんなうまいシンガーがアメリカにはゴロゴロいるんでしょうな。




2011-09-25 Sun 19:34
別窓 | すごいプレーヤー | コメント:0 | トラックバック:0
| Abalone Supreme Blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。