rol101c.jpeg rol101c.jpeg
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
バート・バカラック - CLOSE TO YOU
バート・バカラックが書いた「CLOSE TO YOU」という曲は良い曲ですね。何度やっても飽きないし、バート・バカラックという人は天才ですね。


NAOMI - CLOSE TO YOU


NAOMI - Vocal
Morooca : E. Piano
char-bow : Guitar
Blue Stage : Bass
Abalone Supreme : Guitar


スポンサーサイト
2013-05-03 Fri 18:30
別窓 | フェバリット・ソング | コメント:0 | トラックバック:0
LAYLA
先週の金曜26日は、仕事帰りに藤岡の福田氏のスタジオでクラプトン・カヴァー曲の練習。ちょっと「レイラ」のさわりだけ。




2013-04-30 Tue 13:23
別窓 | フェバリット・ソング | コメント:0 | トラックバック:0
ウォッカ・コリンズ
1970年代の始めに、日本に存在した「グラム・ロック・バンド - ウォッカ・コリンズ」。一見して、一聴して、当時の世界的人気グラム・ロック・バンド - T.REXを意識しているのが判る。ジャズ・シンガーのヘレン・メリルの息子のアラン・メリルが日本で作ったバンドだった。ドラムは、グループサウンズの「テンプターズ」の大口広司(故人)。アランは、「ウォッカ・コリンズ」解散後、東京を離れ、英国に渡り「アローズ」というバンドで成功を収めている。

先日、富岡のライブハウスへやって来たキーボード奏者の柳田ヒロ氏も、当時この「ウォッカ・コリンズ」に深く関わったと思われるので、柳田氏との会話の中で「ウォッカ・コリンズ」の名を出したら、このバンドの事を良く覚えている様子だった。


vodkacollins.jpg


VODKA COLLINS - Automatic Pilot


2013-04-28 Sun 08:04
別窓 | フェバリット・ソング | コメント:2 | トラックバック:0
The Troubadour - CAROLE KING & JAMES TAYLOR
1985年に新婚旅行でロスに3日間滞在したことがある。その時どうしても行きたかった場所が1957年から営業している「トロバドール」というライブ・ハウスだったのですが、とうとう時間がなくて行けなかった。今でもあの時に行っておけば良かったと思うことがあります。

この「トロバドール」は、1970年代の始め頃は、当時世界中で人気のあったシンガー&ソングライター系のアーティストが数多く出演していたライブハウスだったのです。カーリー・サイモン、ジャクソン・ブラウン、ジェームス・テーラー、キャロル・キング、エルトン・ジョン、リンダ・ロンシュタッド、ジョニ・ミッチェル、イーグルス、ボニー・レイット、 J.D. サウザー、ジョン・レノン等数え挙げたらキリがないくらい、そしてキャット・スティーヴンスもここに出演していた。

その「トロバドール」に2007年に出演したキャロル・キングとジェームス・テーラーのライブ映像がYouTubeにあった。その説明には、「King & Taylor go back to The mythological TROUBADOUR, reminiscing their '71 and forth performances while working together.」と記載されています。直訳すれば、「キャロル・キングとジェームス・テーラーは、神話のTROUBADOUR に戻った。そして、一緒に演奏している間、彼らの'71年とそれ以前のパフォーマンスの思い出を語ります。」さらに「Accompanied by the Original band:Danny Kortchmar - Guitar、Leland Sklar - Bass、Russ Kunkel - Drums」。「オリジナル・バンドに付き添われている。」とある。メンバーは、ギターにダニー・クーチ、ベースがリー・スクラー、ドラムにラス・カンケル。これは凄い。


CAROLE KING & JAMES TAYLOR - It's Too Late (Live at The Troubadour 2007)



Troubadour_02.jpg


2013-03-16 Sat 07:33
別窓 | フェバリット・ソング | コメント:6 | トラックバック:0
Where Have All The Flowers Gone - Me and Bobby McGee
私は日本のフォーク・ソングというものに殆ど縁がないのですが、今度「サンデー・アコギ・ナイト」で一人で弾き語りができるように、アメリカのトラディショナルなフォークソングで何か良い曲がないか探していたら、ジョーン・バエズ。

1960年代のアメリカのフォーク・ソングは、ジョーン・バエズにしても、ボブ・ディランにしても、ゴードン・ライトフットにしても良いですね。

故忌野清志郎氏が「Where Have All The Flowers Gone - 花はどこへ行った」を歌っていたなんて知らなかったです。清志郎氏の選曲の良さに脱帽です。


Joan Baez - Where Have All The Flowers Gone



忌野清志郎 - 花はどこへ行った



Joan Baez - Me and Bobby McGee



Gordon Lightfoot - Me and Bobby McGee


2013-03-14 Thu 00:46
別窓 | フェバリット・ソング | コメント:0 | トラックバック:0
| Abalone Supreme Blog | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。